豆知識

共有名義の不動産の売却には共有物分割請求という方法もある

現物での分割が基本の共有名義の不動産分割請求

共有名義の不動産を売却したい場合には、共有物分割請求をすることもできます。
共有物分割請求とは、共有持分が設定されている不動産を分割するための請求のことです。
こうした請求ができるのは、共有持分を所有している人が分割を請求できることを、民法で認めているからです。
共有名義の不動産の一部を所有している人ならば、いつでも好きな時にこのような請求することが可能です。
自分の持分を単独で売却したい場合にも、共有物分割請求をおこなうことが可能です。
共有持分を分割する方法は現物で分けるのが基本的な方法で、土地に対して共有物分割請求がおこなわれた場合には、土地を複数の区分に分けてそれぞれ独立した土地とて各所有者が所有することになります。
共有名義の不動産の性質上、現物で分割をすることが適さないような場合には、それ以外の方法で分割がおこなわれることもあります。
不動産によって最適な方法は違っています。

現金での分割請求もできる共有名義の不動産

共有名義の不動産に共有物分割請求をする時には、現金で分割をすることも可能です。
不動産を分けることが不可能である場合などに、こうした方法がおこなわれます。
現物を分けることにより、不動産の価額が著しく減少してしまう場合なども、現金で分割ができる場合があります。
このような場合には、まず請求の対象となっている不動産を裁判所の命令により競売にかけることができます。
競売によって得られた代金が、共有名義の不動産の所有者の間で分けられます。
不動産の共有持分の割合を多く所有している人ほど、より多くの現金をもらうことができます。
共有名義の不動産に共有物分割請求をした場合には、現物と金銭による分割を併用しておこなうこともできます。
例えば、3人の人が共有している不動産を分割する場合に、分割後に一人の人が不動産を所有して、残りの2人にはそれぞれ持分に相当する現金を渡す方法をおこなうことも可能です。

まとめ

共有名義の不動産を売却したい場合にすることができる、共有物分割請求についてご紹介してきました。
共有物の分割請求は民法で認められている共有持分の所有者の権利者であるため、所有者ならば売却したい時にいつでも請求をすることが可能です。
こうした方法で共有名義の不動産の分割が請求された場合には、現物で不動産を分けるのが基本的な方法です。
ですが、分けることができない不動産である場合や、分割することにより売却価格が大きく減少してしまう恐れがある不動産は、現金で分割することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。