豆知識
共有不動産の売却に必要な平均時間はどれくらい?

共有不動産の売却に必要な平均時間はどれくらい?

問題がなければ平均3~6ヶ月で売れる

共有不動産に特別な問題がなければ平均3~6ヶ月で売れますが、何か問題があれば6ヶ月以上かかるケースもあります。
例えば共有不動産の名義人全員の意見が一致していないなど、トラブルが起きている場合はスムーズに売却できないです。
このような場合は売却の手続きを進める前に、名義人全員の意見を一致させるために話し合いの場を用意しなくてはいけません。
この場合も決めることはたくさんあります。
「話し合いの場所はどこにするのか」、「誰が中心になってまとめるのか」、「金額や割合などの落とし所はどこにするのか」などは明確にしなくてはいけません。
この部分が曖昧になっていると売却する時に揉めてしまう原因になります。
曖昧な部分を限りなくゼロにすることで売却に必要な時間は短くなります。
平均時間が長くなればなるほど、売却金額も下がりやすくなるというデータもあるので、話し合いはなるべくスムーズにまとめた方が良いです。

人気のある共有不動産であれば早く売れる可能性が高い


人気のある共有不動産であれば早く売れる可能性が高く、平均時間よりもスピーディーに取引が成立することもあります。
例えば駅から近い共有不動産です。駅から近いということはアクセス面でメリットが多いです。
通勤や通学は楽ですし、商店街などがあればとても便利です。
以前は人気がなかった地域でも、再開発が進んでいる地域であれば共有不動産としての価値は高くなります。
近年注目を集めている住みやすい街ランキングも注目です。
ランキングで上位にランクインしている場所にある共有不動産は人気が高く、価格が高騰しやすいです。
築年数が多少古くても高値で取引されていますし、リフォームやリノベーション物件として再利用することも可能です。
人気スポットが集まっているエリアにある共有不動産も需要が多く、購入したいという人が多いです。
人気スポットがたくさんあるということは人が集まりやすく、集客の面でもメリットがあります。

まとめ

共有不動産に特別な問題がなければ平均3~6ヶ月で売れますが、問題がある場合は話し合いなどが必要になるので売却期間は長くなります。
共有者同士の話し合いでは話し合いの場所だけではなく、誰が中心になってまとめるのか、金額や割合などの落とし所はどこにするのかなどを明確にするのがおすすめです。
人気のある共有不動産であれば早く売れる可能性が高く、平均時間よりもスピーディーに取引が成立することがあるので共有不動産の条件も大事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。